映画「ハロウィン・キラー!」ネタバレあらすじ感想|スクリーム×タイムトラベル

2023年10月14日

映画「ハロウィン・キラー!」がどんな内容なのかを紹介します。結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

また、あらすじの紹介の前には本作の「閲覧注意シーン(例:グロ、虫、精神的恐怖)」について言及しています。そういった描写が苦手な方は是非参考にしてください。

閲覧注意シーンはある?

さて、ここでは観ていてギョッとするような、いわゆる「閲覧注意」なシーンがあるかどうかをご紹介します。

「ナイフで刺される」

殺人鬼に体を何か所も刺されるという描写があります。そこまで過激な描写ではありませんが、刺されるカットが意外と生々しく、血も出るので苦手な方はご注意ください。

それ以外にはこれといった閲覧注意なシーンはありません。

登場人物

ジェイミー・・・本作の主人公の女子高校生。殺された母親を救うため過去にタイムスリップする。

パム・・・ジェイミーの母親。自宅で何者かに殺害されてしまう。

アメリア・・・ジェイミーの友人の女子高校生。母親が開発途中であきらめたタイムマシンを完成させる。

ローレン・・・アメリアの母親。ジェイミーの犯人捜しに協力することになる。

クリス・・・惨殺事件を長年捜査してきた犯罪ジャーナリストの男性。

簡単な話の流れ

1.ある町で過去の惨殺事件を模した方法でパムという女性が殺されてしまう。
2.その娘ジェイミーが母を救うためその惨殺事件が起きる直前にタイムスリップし、犯人を捕まえようとする。
3.犯人を殺したことで未来が変わり、母親の命を救うことに成功する。

あらすじ

ある町で起きた殺人事件

2023年のハロウィンの夜、田舎町バーノンでパムという女性が何者かに刺殺される事件が起きる。

犯人は、黒ずくめの服装に特徴的なマスク姿でパムが住む家に押し入りパムの体を16箇所もナイフで刺して殺していた。この事件は1987年に同じ町で起きた、通称「スイート16キラー」による連続殺人事件を模したものだった。この一連の事件は、当時をよく知る地元の犯罪ジャーナリストクリスが定期的にツアーを開催しているため、35年たった今でもよく知られている事件だった。

母を救うためタイムスリップする高校生

パムの高校生の娘ジェイミーは一連の惨殺事件を食い止めるため友人のアメリアが製作したタイムマシンに乗り込み、1987年にタイムスリップした。

ジェイミーはバーンズ高校に転校生として潜り込み、母パムやティファニー、マリッサ、ヘザーといった、のちにスイート16キラーに惨殺される面々と顔を合わせた。その夜に高校生が集まるパーティが開かれることを知ったジェイミーはティファニーがそのパーティで惨殺される予定であると気づく。タイムマシンの元々の開発者であるアメリアの母親ローレンにも協力してもらい、ホームパーティに向かった。

しかし、オタクっぽいという理由で家に入れてもらえなかったジェイミーとローレンは、同じ境遇のダグという男性の力を借りパーティに忍び込む。

ジェイミーはステファニーを必死に探すが、見つける前にスイート16キラーに殺されてしまう。

ジェイミーはパムやマリッサ、ヘザーたち仲良しグループとともに山奥の山荘にやってきた。そこではスイート16キラーにマリッサが殺される予定だった。予想通りスイート16キラーが山荘に現れるが、実際に殺されたのはヘザーの方だった。ジェイミーが過去に影響を及ぼし、過去の改変が起こっているようだった。

ジェイミーは元の時代に戻るタイムリミットが迫る中、次の犯行が起こる予定の地元の遊園地にやってきた。そこで、マリッサが殺されると踏んだジェイミーは、マリッサをおとりにスイート16キラーをおびき出すことにした。

殺人鬼の正体

ジェイミーとその仲間は、スイート16キラーを殺し、そのマスクを取るとそれは同級生のダグだった。ダグは、恋人のトリッシュが車での交通事故で亡くなったことでパムたちを恨んでいたのだった。
トリッシュは、パムたちのお泊り会に参加してティファニーにいじめられ、堪えられなくなり酔っぱらった状態で車を走らせるがその途中に事故を起こし死亡したのだった。

こうしてダグが犯行に及んだ理由を考えていたジェイミーたちのもとに、もう一人のスイート16キラーが現れマリッサを殺してしまう。

スイート16キラーは逃げ惑うジェイミーたちを追いかけてくる。ジェイミーは未来に戻るタイムリミットが迫っていたため、量子スピンというアトラクションをタイムマシン代わりにして未来にタイムスリップすることになる。

量子スピンが動き出したころ、スイート16キラーが現れる。その正体は未来からタイムマシンでやってきたクリスで、彼が2023年にジェイミーの母パムを殺した人物であることが明らかになる。クリスは1987年に起きたスイート16キラーによる惨殺事件を解決に導きピュリツァー賞を受賞するのが夢だった。しかし、事件自体が風化していることを危惧した彼は、世間にあの惨殺事件を思い出させるためにパムを殺したのだった。

ジェイミーが過去にタイムスリップし惨殺事件を食い止めようとしていることを知ったクリスはアメリアのタイムマシンで過去にやってきて、今こうしてジェイミーを殺そうとしている。

ジェイミーはクリスとの戦いに勝利し、無事に元の時代に戻ることができた。家に帰るとパムが出迎えてくれた。ジェイミーが過去を変えた結果、母親の命を救うことに成功したのだった。

感想

スクリーム×タイムトラベル

スラッシャーホラー映画「スクリーム」にタイムトラベル要素をミックスした点が特徴の一作です。

スクリームの、

「おふざけマスク」

「知り合いが犯人で、犯人当てを楽しめる」

「ナイフによる殺人」

「犯人が複数人いる」

などの要素を踏襲しています。

特にスクリームの「知り合いが犯人」ゆえの疑心暗鬼なハラハラが好きな自分としてはかなり楽しく鑑賞できました。

そして、スクリームと比較すると犯人が格闘に長けていて強いという点も気に入ったところです。

スクリームの犯人は、素人感丸出しの動きで襲ってくるので若干恐怖感が足りません。(あのマヌケさが味ではあるのですが)

その点本作の場合は、犯人に出くわした時の恐怖感がしっかりとあります。

このようにスクリームを土台とした本作ですが、そこにタイムトラベル要素が加わり間違いのない面白さの作品に仕上がっています。

過去にタイムスリップしてそこで出会う人々との価値観ギャップに戸惑う、若いころの母親と心が通じ合っていく、などよくある展開ではあるもののしっかりとタイムトラベルものの面白いポイントを押さえてくれています。

現在アマゾンプライムで配信中ですので気になった方はぜひ観てみてください。

作品情報

2023年製作/105分/アメリカ
原題:Totally Killer

ホラー映画

Posted by horrordarake