映画「FALL/フォール」ネタバレあらすじ感想

2023年10月14日

映画「FALL/フォール」がどんな内容なのかを紹介します。結末までのネタバレを含むのでご注意ください。

また、記事の後半では本作の「閲覧注意シーン(例:グロ、虫、精神的恐怖)」について言及しています。そういった描写が苦手な方は是非参考にしてください。

登場人物

ベッキー・・・フリークライミングが趣味の女性。ダンという男性と結婚している。

ハンター・・・ベッキーの親友の女性。

ダン・・・ベッキーの夫。

簡単な話の流れ

1.ふたりの女性が地上600mの鉄塔に登る。

2.登頂には成功するが降りる際に梯子が崩落し頂上に取り残される。

3.スマホ圏内の地上にスマホを落とす方法で救助メッセージを送り救助される。

「FALL/フォール」のあらすじ

鉄塔に登ることにしたふたりの女性

ベッキーは、断崖絶壁を登るフリークライミングを夫のダンや親友のベッキーと楽しんでいた。そんななか事件が起きる。崖の途中にあった巣の鳥に驚いたダンが崖から落下し亡くなってしまったのだ。

それから1年後。ダンの死から立ち直れないでいたベッキーは酒におぼれ、父親からの連絡も無視するなど、荒れた生活を送っていた。そんなある日、親友のハンターがベッキーのもとを訪ねてくる。塞ぎこんでいたベッキーに対し地上600mのテレビ塔に登ろうとハンターは誘う。さらにハンターはダンの死を乗り越えるため、頂上で彼の遺灰を撒こう、と続けた。ベッキーは一晩考えその誘いに乗ることにした。

ふたりは車でテレビ塔まで向かった。その日は塔近くのモーテルに宿泊し、翌日の朝タワーに向けて出発。鉄塔のふもとに到着したふたりはお互いをロープでつなぎ、さっそく頂上へ続く梯子をのぼり始めた。

やがて、塔の頂上に到着。ふたりはさっそくドローンで自分たちの姿を撮影し始めた。ハンターが頂上の足場に腕だけでぶら下がる度胸試しを行い、ベッキーもそのあとに続いた。その後、ベッキーはダンに別れを告げ彼の遺灰を撒いた。目的を達成したふたりは、鉄塔から降りることに。

鉄塔の梯子が崩落し取り残されてしまう

はじめにベッキーが梯子を下り始めた。しかし、すぐに金具が外れ、梯子が崩落。ベッキーは頂上にいたハンターとロープで繋がっていたため落下は免れたが、宙づり状態になってしまう。このとき飲料などが入ったリュックが落下し、塔の頂上より少し下に設置された放送用アンテナにひっかかってしまう。

ハンターが必死にロープを引きベッキーを引っ張りあげることに成功。安堵するふたりだったが梯子が崩落したため塔から降りる手段を失ってしまったことに気づき青ざめる。さらにスマホの電波も入らず助けを呼ぶこともできない。また、塔があるのはひと気が全くない荒野のど真ん中という環境だった。ふたりは塔の頂上に取り残されたと動揺し始めた。

しばらくしてハンターは、助けを呼ぶある方法を思いつく。それは、電波が入る地上にスマホを落としSNSのフォロワーに救助を要請するというもの。あらかじめメッセージを打ち込み投稿ボタンを押し、地上に落ち電波が入った時に投稿されるという算段だった。

ハンターは自分の靴にスマホと緩衝材を詰め込み地上に落とした。フォロワーにメッセージが届くのを願いつつ、助かるための別の方法も試してみるが不発に終わってしまう。

そのまま夜が更けるなか、ベッキーがおもむろに「ダンと浮気をしていたか?」とハンターに聞いた。ハンターは浮気の事実を認めた。ベッキーが浮気に気づいた理由。それは塔に取り残され時間をつぶすために観ていた動画にベッキーとダンの仲良さげな姿を悲しげな顔で見つめるハンターが映っていたからだった。

夜が明けスマホを地上に落としてから丸一日経過。しかし、救助がやってくる様子はなかった。どうやらスマホは地上に衝突した衝撃で破損してしまったようだった。

ふたりは喉が渇き始めたため放送用アンテナに引っかかっているリュックを取ってくることになる。その役目を負ったハンターは頂上からロープで降下し、アンテナに飛び移った。そしてリュックをもって無事に頂上に帰還した。

ふたりはリュックの中にあったドローンに手紙を付け、それを飛ばし助けを呼ぶことに。しかし、この方法も失敗に終わってしまう。

救助要請を送るためスマホを地上に落とす

長時間極限状態に置かれたベッキーは衰弱し始めていた。そんなベッキーに追い打ちをかけるような事実が判明する。それは、ベッキーの隣にいるハンターは幻で、実際にはリュックを取りにいったときに落下して死んでしまっているということだった。ベッキーはハンターが死んだという現実を受け入れられず、彼女の幻覚を見ていたのだった。

成すすべなくぐったりとうなだれていたベッキーは自分の体をついばみにやってきたハゲワシを捕まえてむさぼるように食べた。こうしてエネルギーを補給したベッキーは、ロープを使いハンターの遺体が横たわる放送用アンテナまで降りた。そして、先ほどの要領でスマホから自分の父親に救助要請を送り、スマホが壊れないようハンターの体にいれて、その体ごと地上に落とした。

すると、そのメッセージが父親に届き、救助隊が出動し無事ベッキーは助け出された。

補足

閲覧注意シーンはある?

「動物の死体をハゲワシがついばむ」
「ハゲワシがベッキーの足の傷をついばむ」
「ベッキーがハゲワシを殺しその肉を貪り食う」

など一応のグロなシーンはありますが、そこまで過激ではないのでグロが苦手な方でも十分鑑賞可能です。一方、地上600mを舞台にしたサバイバル映画なため極度の高所恐怖症な方にとってはかなりキツイ鑑賞体験になると思います。

ちなみにスカイツリーの高さが634mですから、それとほぼ同じ600mのテレビ塔の高さがどれほどのものかよくわかります。

ハンターが塔の下は圏内だと気づいた理由は?

ハンターが塔の下はスマホの圏内だから救助要請が送信できるかも、と妙案を思いつくシーンがあります。なぜ彼女は塔の下が圏内だと気づいたのでしょうか。それは、彼女が塔に登る直前に動物の死体写真を撮ってそれをネットにUPしていたことを思い出したからです。

ベッキーがハンターとダンの不倫に気づいたのはなぜ?

ハンターはベッキーの夫であるダンと不倫をしていました。ベッキーはそのことに塔の上で気づいたのですがそれはなぜでしょうか。それは何もすることがないベッキーがスマホで動画を見返していたときのこと。その動画のなかにベッキーとダンの仲睦まじい姿を離れた場所から悲しげに見つめるハンターの姿をとらえた動画があったのです。そこで、ベッキーはハンターがダンに少なくとも好意があることに気づきました。さらにベッキーは、ダンが自分に直接「愛してる(I LOVE YOU)」と言ってくれなかったという過去の記憶も思い出しました(ダンは「I LOVE YOU」の代わりに「1・4・3」とその文字数を言っていた)。ベッキーは、先ほどの動画とダンが直接「愛している」と言ってくれないことを結び付け、ハンターとダンが愛し合っていることに気づいたのです。

ちなみに序盤のフリークライミングの場面にもこの不倫の伏線があります。ベッキーとダンがいちゃついているときにハンターが「やめて、どこかほかでやって」と言います。これは、単にいちゃつくバカップルを見るのが不快だということではなく、ダンがほかの女といちゃつく姿に嫉妬心を感じたからこそ出たセリフなのです。

感想

足がすくみ続けた107分

細長い鉄塔の頂上、地上600m地点に取り残された女性二人のサバイバル劇。塔の梯子が崩れ落ちて、危うく落下しそうになる序盤シーンからしてもう手汗がびっちょり。そのあと、狭い足場を生活拠点にサバイバルをするわけですが(この時点でもう恐ろしい)足場からロープ一本でぶら下がって荷物を取ろうとしたり、足場からさらに高い場所に腕力だけで登ったりと、これでもかと高所恐怖描写が続きます。

観た後はぐったりと疲れてしまいますが、これほどハラハラできる映画も珍しいので是非鑑賞してみてください。

作品情報

2022年製作/107分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Fall